当日キャンセルは可能?キレイモのキャンセルや遅刻についてのルール


キレイモの施術日なのに、予定が入ってしまった、天気が悪いせいで交通機関がマヒしている……。このようなことは誰にでも起こり得ます。

果たしてキレイモでは、予約をキャンセルしたり、時間をずらしたりすることができるのでしょうか。

当記事ではキレイモの予約やキャンセル、遅刻についてのルールをご紹介いたします。これを知らないと損をしてしまう可能性が高いので、ぜひお読みになってください。

急な予定が!キレイモの予約変更やキャンセル、遅刻について

キャンセルは可能

どうしても外せない用事ができてしまった。そんなときにはキレイモのマイページでキャンセルの手続きをするか、もしくはコールセンター(0120-444-680)へ電話をすれば、予約のキャンセルが行えます。

ただしそのキャンセルの申請が当日だったか否かによって、回数消化の扱いが変わりますから注意が必要です。

月額制プランの場合
施術3日前まで 未消化扱いでキャンセル可能
施術2日前~当日 キャンセル自体は可能だが消化扱い

回数パックプランの場合
施術前日まで 未消化扱いでキャンセル可能
施術当日 キャンセル自体は可能だが消化扱い

月額制プランは3日前までにキャンセルの連絡を入れなければ施術を受けた扱いになってしまいます。

月額制では2ヵ月に1回施術を受けるわけですが、キャンセルの連絡が遅れると、下手をすると4ヵ月後まで施術を受けることができなくなるのです。

回数パックプランは、完全前払い制のためキャンセルのルールが少し緩くなっていますが、もし万が一当日キャンセルをしてしまうと、やはり施術を受けられる回数が減ってしまいます。

残り1回のときに当日キャンセルをすると、それで全6回、あるいは12回の回数を使い切ったことになってしまうんですね。

急用はいつできるかわからないから急用であるわけですが、損をしたくなければなるべく、事前にキャンセルの連絡を入れられるようにしておきたいところです。

予約変更は可能

もし予定が入ってしまっても、事前に連絡をすれば、回数を消費することなく別日に予約を変更することができます。

プランによってその手続きの方法や条件が異なりますので、マイページで詳細をご覧いただくか、もし何かわからないことがあれば、コールセンターに電話してください。

遅刻について

次に遅刻についてですが、これは「お客様都合の遅刻」であった場合、施術時間が遅刻した分、短縮されます。

1回の施術時間は着替え時間込みで大体90~120分ほど。30分の遅刻だと、施術時間が60~90分になる計算です。

時間が短ければ当然、脱毛できない箇所やムラがどうしても出てきてしまうので、もったいないです。なるべく遅刻しないように、注意してくださいね。

ただし、その遅刻が天災等による電車の遅延などが原因であった場合は別です。時間を短縮することなく施術してもらえますから、必ず「遅延証明書」を持っていくようにしてください。

電車が遅れたときには大体、駅員室の前に行列ができますが、それに並んでいれば証明書をもらえます。キレイモの店舗に遅刻する旨連絡したうえで、遅延証明書を持ってお店に行きましょう。

まとめ

以上、キレイモのキャンセルや予約変更、遅刻についてのルールをご紹介いたしました。

月額制プランの人は3日前までに連絡、回数パックプランの人は前日までに連絡することで、未消化扱いでキャンセルが可能です。

遅刻については、寝坊とか仕事とかそのような理由であった場合には施術時間が短縮され、天災などが理由であった場合には通常通りとなります。ぜひ覚えておいてくださいね。

【関連】キレイモの予約方法と注意点まとめ