審査はない?いつでも現金が手に入る?クレカ現金化のメリットとは

クレジットカード現金化には、たくさんのメリットがあります。それではカードを現金化するメリットとは何なのでしょうか?

この記事でいくつかご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

クレジットカード現金化のメリットとは

クレジットカード現金化のメリットは、とにかく「今すぐに」「ショッピング枠に空きのあるカードを持っていれば誰でも」現金を手に入れられるということでしょう。

クレジットカード現金化は、お金を借りるのとはまったく違います。カードで購入したものを中古店に転売する、それによってお金を得るものですから、借金とは別物なんですね。

したがって、業者を利用する場合にも、審査はありません。クレジットカードを持っていて、そのカードがショッピングに使える状態であれば、フリーターでも、ニートでも、主婦でも学生でも、誰でもすぐに現金を手に入れられるのです。

最近のキャッシングは即日融資を謳ってはいますが、審査に通らなければ意味がありませんよね。クレジットカード現金化にはその心配はないのです。

メリットはまだ他にもあります。それはカードにもよりますが、返済方法を自由に変えられるということです。

みなさんはカードを利用するときに、自身の経済状況にあわせて、一括払い、分割払い、リボ払い等を選択しますよね。

クレジットカード現金化は、カードで購入したものを業者に買い取ってもらうというものですので、カード会社への支払(返済)方法は自分で選ぶことができます。

たとえば翌月にお金が入ってくる予定があるのなら一括払いにすればいいですし、少しずつ返していきたいというなら、分割やリボにすればいいのです。

そしてこれらの返済方法は、ネットから簡単に、いつでも変更できることも多く、一度は一括払いを選択したものの、あとからリボ払いが良くなった、という場合でも対応してもらえることがあるのです。

借金とは違い、自分で返済方法を細かく指定でき、後から自由に変更できるというのも、クレジットカード現金化ならではのメリットです。

そして最後に、お盆や年末年始でもすぐに現金を手に入れられるというのも、クレジットカード現金化のメリットといってよいでしょう。

クレジットカードの現金化は、その気になれば自分ですることもできます。高額なゲームソフトをたとえば1万円くらいで購入し、それを中古販売店に9000円で買い取ってもらえば、90%の換金率で現金化を行ったのと同じことです。

中古販売店はチェーンともなれば年中無休で営業していますから、もし年末年始やお盆に急にお金が必要になったという場合でも、自分で現金化をすれば、すぐにでも現金を手に入れられるんですね。

以上、クレジットカード現金化のメリットをご紹介いたしました。メリットだらけのように見えますが、反対にデメリットもありますので、それを踏まえたうえで、カードを現金化するか否かを決めてくださいね。

どうしてもお金がほしい時は……?


どうしてもお金に困るときって誰にでもあると思うんです。お金に困って何とか工面しなければいけないという時に、多くの人がまず考えるのがキャッシングだと思います。銀行系カードローンなんかだと信頼性も高くて、今では昔ほど「キャッシングに抵抗を感じる」という人が少なくなってきているのではないでしょうか。

ただ、カードローンといっても、いつでもだれでも無条件にお金が借りられるというわけではありません。かならず、審査というものを受けなければならないわけです。審査の結果、よほど問題が無い限りは融資を受けることができますが、受けられた融資が当初の希望額とは違っていたり、あるいは、融資されたお金の使い道が決まっているということもあります。

また、先ほどは「よほど問題が無い限り」という書き方をしましたが、世の中には本当に「よほど問題がある人」もいるわけで……例えば、消費者金融からお金を借りようとしても、すでに複数の金融機関からお金を借りている状況などで、いわゆる借金苦に陥っていたり、それが原因で新しく融資を受けられなかったり。

借金は無いにこしたことはありません。しかしながら、誰にだって「どうしようもない時」というのはあるのです。銀行系カードローンは比較的審査の基準が厳しく、だからといって、銀行系カードローンは利用できないからと、審査の条件が甘すぎる金融機関を利用すると、結局それが悪徳金融だったりとかいうことも珍しくありません。信頼できる所からお金を借りて、それをきちんと返すという流れは、当たり前のことのようですが、実はすごくむつかしいのです。

いろいろと書きましたが、お金を借りようということを考えた際、消費者金融が利用できないという場合のことまで考えて、お金を借りる方法の選択肢はたくさん持っておいたほうがいいと思うのです。銀行や消費者金融からお金を借りることが難しい場合、次に考えられるのは、やはりクレジットカードの現金化だと思います。

クレジットカードの現金化を行う場合、条件を満たした際に自分が手にするお金は基本的に「借りたもの」というより自分のものになります。現金化の手順になれた人であれば、自分一人で現金化に必要なプロセスをすべてこなせるという場合もあるのですが、現金化のプロセスは非常にむつかしく、下手をすればトラブルに巻き込まれてしまう(業者から摘発を受ける)可能性もあるため、やはり専門の業者に依頼するのが一番の方法だと思います。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは違法性がある!

インターネット検索で『クレジットカード 現金化』と入力すると、『優良店』または『換金率○○%』と目にすることが出来ます。あたかも、クレジットカードのショッピング枠を現金化することが、法律そして社会的に問題ないと思い込んでしまいます。しかし、ショッピング枠を現金化して手数料を取ることは、現金化業者側そしてクレジットカード契約者そしてクレジットカード会社に大きな問題を引き起こします。

先ず、ショッピング枠を現金化する場合、一番多いのが商品を購入して転売する方法です。しかし、この方法は『横領罪』と認識される場合があり、現金化業者およびカード契約者が罰則対象となります。この問題は、クレジットカード会社が被害者となり、カードの利用停止だけでなく損害賠償請求にまで発展する可能性があります。

その他にも、クレジットカード会社に所有権のある商品を転売することは、『詐欺罪』で摘発される可能性があり、ショッピング枠の現金化は違法性が高いことが指摘されています。

また、ショッピング枠を現金化を利用する人の多くが多重債務状態にあると考えられます。個人信用情報機関に登録されている与信情報から、キャッシング枠の増額やローン契約が出来ない状態になっていることが考えられます。その為、毎月の返済を行うため、ショッピング枠を現金化して自転車操業状態になっている可能性があります。

ただし、多重債務者が債務整理を行う際に、自己破産や個人再生を申請した場合にはキャッシング枠の現金化行為が、免責不可事由となってしまい、裁判所からの免責決定および再生計画案の承認がされないという問題があります。これは、ショッピング枠を現金化することにより債権者の財産を著しく減少させる行為、または過度の浪費や犯罪行為として判断されることに拠ります。

クレジットカードの現金化行為については、現金化業者が摘発された事例もあります。如何に現金化業者が貸金業法に適合していたとしても、他者の財産を流用する行為となるため、絶対に行っては行けないこととなります。また、このような金融情報については、個人信用情報機関に債務状況が記録されるため、怪しい債務状況が確認された場合は、所有するクレジットカード全てが利用停止になる可能性もあります。ホワイトのように思えますが、見た目はグレーで明らかなブラックといえるのが、ショッピング枠の現金化となります。