知っておきたい!妊娠中の葉酸サプリの飲み方


葉酸サプリを飲み始める場合、気になるのがいつ飲むのか、胃へのダメージは無いのかという点ではないでしょうか?

葉酸サプリだけではなく、どんなサプリメントでも医薬品ではないにしても、胃腸への負担も考えられるので飲み方は気を配りたいものです。

基本は食後の服用がおすすめ

基本的に葉酸サプリは、食間の方が効果のある飲み方になるので推奨されています。食べ物が胃にない状態であれば、葉酸サプリの消化と吸収が良くなるからです。

しかし、空腹時というのは吸収が良い反面、胃にとっては負担も感じるようになるので注意も必要です。

胃弱なら食後が無難

特に、胃弱の方は食後の服用がおすすめです。また、妊娠中のつわりの時期でさらにサプリでさえ口にするのが億劫になることもあり得ます。

無理をして飲まなければならないと考えると、さらにそれが心身へのストレスになってしまいます。あまり口にしたくないときは、飲まなくても構いません。

食後であれば、胃に食べ物が残っているので胃を痛めにくくなります。それだけ葉酸サプリの効果は、やや劣るのですが全く飲まない場合と比べれば摂取をする方が役立ちます。

また、胃は丈夫な方だと思っている場合でも、妊娠中は思いがけない体調不良になったりすることもあるので、空腹時に飲むにしてもダイレクトに錠剤が入るよりも砕いて飲む方が負担の軽減になります。

負担が無くなるわけではありませんが、このような工夫をすることで軽減ができるようになるので、飲むことへの抵抗感を無くせるのでお試しください。

摂取は正しい量でまとめ飲みしない

葉酸サプリによって1日に摂取する回数も異なって来ます。1日2回~3回になっているものが多いのですが、まとめて摂るのは避けましょう。

葉酸は、水溶性のビタミンですから、まとめて1日の摂取量をとっても余った分は尿と一緒に排出されるだけになり、無駄になってしまうからです。摂取量は、決まった量だけ決まった回数で飲むのが賢明です。朝と昼の2回分飲み忘れたからと言って、夜にまとめて飲む必要はありません。

より効果的に葉酸サプリを摂るなら、食間が理想的ですが、胃への負担を軽減するなら食後がおすすめです。妊娠中の胃の状態に合わせて飲み方を変えてみるのが賢明です。

せっかくの葉酸サプリで胃を痛めてしまったとなると、ただでさえ食事が思うように摂れないつわりの時期にさらに負担を与えてしまうことにもなり兼ねません。注意をしながらいずれかの飲み方を選ぶようにしてみてください。

【関連】葉酸サプリランキング