自分の頭皮に合う育毛剤を選ぶには


自分に合った育毛剤
加齢とともに進行してくる薄毛に悩まされている方は少なくないと思います。しかし薄毛対策しようにも何をしたらいいのか分からないという方も多いはずです。

そこで多くの人が一度は考えるのが育毛剤による薄毛対策です。確かに育毛剤を利用することで、すぐにフサフサとまでは行かなくても薄毛の進行を止めることは可能となってくるはずです。

ただ注意してほしいのは育毛剤にも様々な種類が存在しており、選び方を間違えてしまい自分の頭皮に合わない育毛剤を利用してしまうと逆効果となり薄毛を進行させる原因ともなりかねません。

では自分の頭皮に合う育毛剤を選ぶにはどのような点に注意すればいいのでしょうか。そのためには育毛剤の種類を把握しておかなければなりません。

育毛剤は大きく分類すると3つのタイプに分類することが可能となり、そこから自分の薄毛のタイプに合った育毛剤を選ぶと失敗する可能性が低くなります。

まず1つ目のタイプとして血流促進型の育毛剤が挙げられます。この育毛剤は毛細血管を拡張させ、毛母細胞の分裂を促して毛根に栄養を行き渡らせることにより薄毛改善するタイプです。頭皮が血行不良を起こすと毛根へと栄養が届かなくなり、老廃物が溜まってしまうなど薄毛要因となってしまうのです。

この血流促進型の育毛剤に合う人は、主に喫煙者や運動が不足している人または元々頭皮が硬めの方など、血流が毛根へと届きにくい人に効果的とされています。

2つ目のタイプは毛根細胞へと栄養補給する育毛剤です。この育毛剤は毛母細胞へ必要な栄養素を直接届けるような働きをして
くれます。このことにより育毛のために必要な栄養素を整え、髪が生えてきやすい環境を作るのです。
この毛母細胞へ栄養補給するタイプの育毛剤に合う人は、睡眠が足りてない人や不摂生な食事をしているなど生活習慣が乱れている人に効果的です。

3つ目のタイプとして男性ホルモン抑制型の育毛剤です。男性ホルモンの一種でテストステロンの変化形であるジヒドロテストステロンは薄毛の根本的な原因ともいわれている成分です。この男性ホルモン抑制型はジヒドロテストステロン発生要因の5αリダクターゼの生成を抑える働きをしてくれます。

この男性ホルモン抑制型の育毛剤に合う人は、元々遺伝的に薄毛の家系である人などに効果的とされています。体質的に男性ホルモンを受けやすい人にオススメの育毛剤といえます。

このように育毛剤には様々な種類があり、その中で自分に合う育毛剤を選ぶことでより薄毛対策に効果を発揮してくれるのです。