ヨウ素サプリメントは日本人には必要ない⁉


ヨウ素サプリメント

サプリメントとは、「補う」と言う意味です。何かと忙しい現代人は、ついつい食生活も疎かになってしまいがちです。食生活が疎かになると、栄養のバランスも崩れてしまうことが少なくありません。

そこで、不足した栄養を補うのがサプリメントです。

しかしサプリメントは、食品であってお薬ではありません。カプセルに入っていたり錠剤と同じような形状なので、お薬の代わりなのかと思っている人も多いようですが、サプリメントは健康を維持増進するための物であって、病気を治すものではないのです。

したがって、サプリメントは既に病気になっている人が使うものではありません。この辺りの事を勘違いしている人が多いのが、非常に残念です。

今の日本人の食生活は、カルシウムが不足していたり、ビタミンが不足したりしがちです。しかし日本人なら、「不足することはまず無いだろう」という栄養素もあります。

その一つが「ヨウ素」です。

ヨウ素は海藻などに沢山含まれているのですが、日本は海に囲まれた国なので、めったに不足しません。海藻は味噌汁にワカメが入っていたり、おにぎりの海苔を食べたりして、結構摂っています。「私は海藻は嫌いだから足りていないと思う」と言う人でも、だし汁を取る時に使う昆布などで、知れず知れずのうちにヨウ素を摂っていることが多いのです。

甲状腺の検査をするために「ヨウ素の多い食品は食べないで来てください」と、外食する場合は昆布を使っていないであろう洋食ならOKとした病院があるのですが、それでも知らず知らずのうちにヨウ素を摂っていて、検査に響いていたのです。

なんと、スパゲティの隠し味に昆布茶を使っていたそうで、洋食でも結構昆布を使う事が多いのです。

それくらい、ヨウ素を排除するのは難しいので、普通に食事をしていたら不足することはまずありません。

日本人の場合は、むしろヨウ素の取り過ぎを心配する方が賢明だと言えます。ヨウ素を摂り過ぎると、甲状腺機能亢進症になるリスクが上がると言われています。

女性シンガーの綾香さんや元ピンクレディーの増田恵子さんが罹った病気が、甲状腺機能亢進症です。この疾患の発見者の名前を取って、バセドー病とも言われています。甲状腺機能亢進症は、ヨウ素を多く含む昆布を毎日3センチ角ほど食べ続けるだけで発病させることもできると言われています。したがって日本人の場合は、ヨウ素不足を気にする必要はほとんどないでしょう。

ヨウ素を単独でサプリメントとして取っている人は少ないと思いますが、マルチミネラルの場合はヨウ素が含まれているケースが多いです。一度に全部取れて便利だと思いがちですが、本当にあなたが不足している物だけを補うほうがベターです。

カリウムも嘔吐や下痢をしない限り、普通の食事をしていれば不足することはほとんどありません。そして心臓が悪い人や腎臓が悪い人は、カリウムの過剰症になると非常に危険です。病気を持っている人は、決して主治医に隠れてサプリメントを使うなどという事はやめてください。

少し古い記事ですが、2013年6月4日の朝日新聞朝刊には、2008年から2011年にFDA(食品医薬品局)に報告されたサプリメントの健康被害は6307件、そのうち入院は1836件、死亡は92件もあったと報じています。

しかし、報告まで上がったのは氷山の一角だと言われています。

まずは、日ごろの食生活を重視しましょう。そのうえで、どうしても不足する栄養素がある場合は、必ずかかりつけ医に相談しましょう。

特に医師から薬を処方されて飲んでいる人は、医薬品との相性が悪いサプリメントもあります。またサプリメントよりも、医師が処方したEPAなどの方が安上がりで安心して使えることが多いです。必ず医師と相談してください。
美容やファッションの最新情報教えて!www.bizaareavecafe.com